会社設立も税理士に相談してスムーズに
2017.04.04

男性会社設立にもっとも必要なものはお金です。お金と親密に関わっているからこそ、設立時からお金のプロである税理士に依頼するとメリットは大きいです。
まず設立当初は、会社にいる誰もが忙しいことが予想されます。そのときにお金に関わる書類作成や申請を助けてくれるプロに任せることができます。節税対策もできることを考えると、お金も時間も節約できます。税理士によっては経営のアドバイスや知識を提供してくれる先生もいます。わからないこともたくさん出てくる会社設立に、頼れるパートナーの一人として税理士という選択があります。
会社設立woから税理士に相談していると、廃業率や倒産率が下がると言われている程です。川崎市で多くの実績を持った税理士事務所を探してみましょう。迅速な対応が期待できるという観点からも、比較してみましょう。どれくらい利益が上がる見込みがあるのか不安な時期ではありますが、今後を見通して考えたときに税理士を雇うことはとても重要ということに、倒産してから気づいては遅いです。
もしはじめての会社設立なら、この時期に一度税理士を雇うということを経験してみると、自分の会社にピッタリの税理士を早くみつけることができるかもしれません。顧問税理士を途中で変える会社も多いです。やはり、相性や、自分の会社や自分のやり方に合うか、税理士の先生の得意分野と会社の方向性は同じかなど、税金のことを通していっしょに仕事をしてみてはじめて分かることもあります。
早い段階で税理士を検討していくことは、同じ時期に設立した他の会社があったとしたら、税理士を最初から雇っていない会社よりも一歩リードしたことになります。
また、お金や税金の知識で抜けていることがあれば、知らないうちに脱税などをしてしまうリスクも出てきます。故意ではなくても、知らなかったは通用しません。いつ税務調査が来ても大丈夫と自信を持つことは、精神的な安定につながります。追徴課税ほど、損なことはありません。せっかく本業を頑張ってあげた利益が台無しです。
税理士に相談しながら仕事をしていると税金の知識が増えることになるので、税金の業務だけをしてもらえるのではなく、生涯役立つ授業の先生がつくようなものです。会社設立から時間も節約できるうえに学べるのなら、税理士費用なんて安いものです。良い縁があれば、仕事の相棒と呼べるほどの税理士の先生に出会えることもあります。まずは設立する会社のことを税理士に話すことがその第一歩です。

▲ ページトップへ