困った時はまず相談
2017.04.04

口論税金のことで困ったら躊躇せずに、まずは税理士に相談しましょう。初回の相談が無料のところもあります。お住いの税務署で無料相談を行っているところもあります。インターネットでの無料相談サービスも最近見かけるようになりました。税金のことで困るときは、どんなときがあるでしょうか。
まず、よくあるのは、「税金を払い過ぎている気がする」や、「もっと節税したい」などです。この要求を解決する一番の近道は、税理士に依頼することです。税理士は豊富な知識はもちろんのこと、経験とアイデアがあるので、素人では考えつかないような節税の術を知っていることがあります。行っている事業や経営によってできる対策は変わってくるので、まずは税理士に相談するしか今以上の節税の道は開けません。
次に個人での相続税や贈与税についても、よく困ることになります。贈与税のことを税理士に相談することは最善です。作成が面倒な書類を作成してもらえますし、相続税の対策までしてもらえるからです。相続税に関しては、誰かが亡くなる前に本人が税理士などに相談して、贈与税申告などで対策をとっておくのが一番です。しかし、突然の不幸というときには、相続税のことを税理士に相談して税金を払うのが無難です。相続税となれば、お金があるところには揉め事がつきものですから、税金のことくらいは税理士に頼んで任せてしまいましょう。
最後に、税務調査が来ることになったら、不正をしていなくても焦ってしまいますよね。確定申告はキチンとしているはずなのに、さあ困ったことになりました。そんなときに税理士に税務調査を立ち会ってもらうと安心です。税の負担も少なくて済む可能性がありますし、やり取りも最小限で済み、精神的不安が軽くなります。この問題に関しては、実績がある、税務調査に強い税理士を探すべきです。
その他、消費税の申告、控除の対象になるものはあるか、投資の税金、土地を売ったときのことなど、わからないことがあれば、税理士に相談するべきです。困っていると自覚がなくても、知らないばかりに払わなくていい税金を払ってしまっていることもあります。もし事業や何か商売をしているのなら、税金に関する事だけは困る前に先手でプロである税理士に相談した方が、税理士費用がかかるとしても損をしなくて済むこともあります。税理士費用は一番削ってはいけないと言っても過言ではないほど、事業や商売にとても大切です。

▲ ページトップへ